出す側から見る葬儀という儀式とは

出す側から見る葬儀という儀式とは

親がいてくれて、自分がいるのは誰もが当たり前なのですが、その親もいつまでもいてくれるわけではありません。
年を重ねて、いつかは自分よりも先に逝くことになるでしょう。
配偶者がいる人も、夫が妻を、妻が夫を送ることになります。
日ごろのお付き合いの中で、葬儀に参列する機会がありますが、参列する側から葬儀を見るのと、葬儀を出す側から見るのとではかなりいろいろな物が違って見えます。
参列するだけであれば、時間に間に合うように喪服を着て数珠を持ち、斎場へと向かえばいいわけですが、出す側はそうはいきません。
特に葬儀はやり直しがきかないことから、一つ一つをミスなく、漏れなく、進めていかなくてはなりません。
もちろん、多少間違っても修正が効くところもありますが、大半はやり直しが効かないため、少しのミスが大きな後悔として残ってしまう可能性があります。
葬儀を出す側は、次々とやるべきことに追い立てられるだけに、事前の準備が欠かせないといえます。