何度経験しても慣れない儀式の代表

葬式

何度経験しても慣れない儀式の代表

人生には冠婚葬祭という儀式がありますが、最後を締めくくるのが葬儀という儀式です。
参列してお悔やみを表すことは、年を経るごとに増えていきますが、何度やっても慣れるという感覚がありません。
上手にできているのかどうかもよくわかりませんし、上手い方法というものがあるのかどうかも、よくわからなくなってきます。
どうぞお疲れでませんようにといった、葬儀を出される側にかける労わりの言葉があるということを知っても、どのような時に、どのタイミングで声を掛ければいいかで迷ってしまいます。
ただ、それも何度も葬儀に参列することによって、過去の経験からだんだんと上手になっていく自分に気付きます。
それがいいことかどうかに関しても、答えは出ない気がしますが、社会人として、大切な家族を失った人に対して礼儀的な振る舞いをすることは、非常に大事だと考えます。
喪服を着る、数珠を持つといったことも、葬祭という最後の儀式に臨む人とその家族に対する礼儀に他ならない気がします。

予算に合わせた家族葬を

名古屋で探す遺品整理業者

仏壇東京でお探しなら専門店にお越しください

心を込めたお葬式をさいたま市の皆様にお届け

最新投稿

お知らせ

一覧