お葬式の形に変化が見られる時代です

お葬式の形に変化が見られる時代です

お葬式の形に変化が見られています。
個人葬と言われる葬儀の形から、家族葬と言われる葬儀が多く行われるようになっています。
何故、家族葬と言う葬儀の形が人気になっているのか、考えてみました。
その一番の理由は、葬儀費用があまりにも高くなり過ぎたことがあると言われます。
たくさんの花に囲まれるような過大な祭壇を作ったり、見事なまでの棺を用意したりして、必要以上の費用をかけたことに対する批判もあり、ごく普通の葬儀を行う人が増えたこともその理由になっているのでしょう。
また、亡くなられた方の年齢の高齢化が進み、社会生活から離れた時間が長くなったと言うことも、少ない人数での葬儀を行う傾向が強くなっていると考えられます。
特に社会生活の変化では、町内に住む結び付きと言うものが少なくなり、関わりのない暮らしをする人が多くなったことも、家族だけの葬儀が主流と言う時代になって来ているのでしょう。
その家族葬を行なうことで、無駄な費用をかけることなく、静かな葬儀を行うことで、亡くなった方をしっかりと偲ぶと言うことも逆に出来ると考える人が多くなって来ているのも事実です。
時代と供に、お葬式に対する考え方も変わって来いるように、これから先にも、このお葬式の形が残るとは限らないものなのでしょう。